【Kindle出版とブログ】副業するならどっち?【両方同時という戦略に注目】

れおるーく
れおるーく

ブロガー&Kindle作家のれおるーくです。

  • iPadブロガー歴は2年
  • Twitterフォロワー数3,800人
  • 2020年12月から始めたKindle出版数は15冊です

副業するなら、ブログとKindle出版どっちがいいのか?

どっちもやっているれおるーくの答えはこれ

れおるーく
れおるーく

どっちも同時にやった方がいい!

今回の記事では、ブログ運用の新しいサードフェーズとして、Kindle出版も同時に運用するメリットを解説します。

特にブログ初心者にとっての悩みのタネ、

初心者くん
初心者くん
  • 収益がなかなか発生しない。。。
  • 権威性ってどうすればいいの?

このような悩みに対する攻略メリットがあるので、参考になればいいなと思います。

ブログ運営にKindle出版を加えるといい理由

私は勝手にサードフェーズと名付けたんですが、ブログ運営にKindle出版を加えるといい理由について解説します。

今までのブログ運営の流れにそってこのサードフェーズを見てみると

ファーストフェーズ「ブログのみ」

Googleからの検索流入のみに特化した時代

セカンドフェーズ「ブログx SNS」

Googleからの検索流入に SNSの集客もプラスした時代

サードフェーズ「ブログx SNSx Kindle出版」

Googleからの検索流入、SNSの集客にKindle出版をプラスした時代

Kindle出版という掛け算を加えることで、ブログ運営に新たなメリットがあるよということを言いたい。

深掘りしますね。

まずブログのみのイメージ図です。

これがいざやってみるとハゲそうなくらい難しいんですよね。

記事をかいても、検索上位に表示されるまで3ヶ月くらい掛かるし、上位10位に入る記事なんて相当ハード。。。

初心者くん
初心者くん

初心者が挫折しやすい一番の悩みのタネみたいな感じ

れおるーく
れおるーく

SEOというスキルが必要なんやけど

相当ムズイんよね

そこで、セカンドフェーズとして、「ブログx SNS」という掛け算が誕生したんです。

イメージ図です。

SNSの場合、地道にフォロワーを伸ばしたり、ハッシュタグ利用したり、努力量に応じて読者流入が期待できるやり方のため、Google検索の上位表示されるまでの期間でもPVが増えるメリットがありました。

デメリットとしては、常に発信し続けたり、フォロワーを増やす努力量が必要という点です。

頑張れば頑張るほど報われるという積み上げに慣れているブロガーにとって、すごく相性がいい方法でした。

私もSNSはTwitterを活用していて、その効果を実感しています。

ちなみにフォロワーが増えるコツなんかもわかってきて、最近はそんなに努力しなくても自然に増えていくようになったので、下記の本にそのコツをまとめてみました。

参考にリンク貼っておきます。

このSNSも加えたセカンドフェーズが、ブログ運営の主流になっていたんですが、つい最近までブログはオワコンって言われてたんですね。

特に2年おきくらいで実行されるGoogleのアップデートで、いろんなブロガーの方達の収益がガタ落ちして、そのように言われるようになったみたい。

過去のGoogleのアップデートについては、億を稼ぐブロガーのマナブさんのこの記事が参考になります。

でも、結局オワコンじゃないよというメッセージを、いろんなブロガーの方たちが発信されていますけど、今ブログで稼ぐお手本として学ばせてもらっているTsuzukiさんのこの記事を読んで、ブログ続けていいんだという勇気を私はもらえたりしました。

とはいえ、ブログ初心者にとってのハードルの高さは何も変わっちゃいない。

ブログ初心者がよく挫折するのが、ぶっちゃけすぐに収益化しないことと、権威性を得る方法がわからないことです。

私は2年前、一度始めたブログをこれで挫折したんですね。

ブログを始めて11ヶ月目に初めての収益が発生!

その金額3円。。。

「もうあかん。。。あきらめよ。。。」

見事に挫折しました。

まだ0の方が良かったかもしれません。

もう一つが権威性ですね。

初心者なら、なおさら権威性って何?から始まるくらい難しいテーマです。

ブログ運営の記事を書いているとしましょう。

初心者なのでまだ稼げた実績もないし、経験した期間も短い。

こんな人から、これがいいよ言われて商品をおすすめされても買わないですよね。

2年間継続的に月30万稼いでいるひとから、これ使うと結果出やすくなるからおすすめだよって言われたら、買っちゃいません?

これが権威性。

これがブログ初心者にとって悩みのタネになるんです。

そこでサードフェーズ「ブログx SNSx Kindle出版」という新しい掛け算の登場です。

イメージ図です。

ブログ運営にKindle出版を加えるといい理由が、

  1. 集客ルートが増えるし相乗効果になる
  2. 収益化の結果が出るのが早い
  3. 権威性がプラスできる

この3つなんです。

ブログ運営にKindle出版を加える3つのメリット

それぞれくわしく説明しますと、

❶集客ルートが増えるし相乗効果になる

先ほどの図をもう一度みてみましょう。

単純にKindle出版読者から、ブログへの集客ルートが増えることになります。

なぜこれができるかというと、電子書籍ならではの機能にあるからです。

れおるーく
れおるーく

リンクが貼れることですね

関連する記事のリンクを貼ったりすることもできます。

これにより、本を読んでくれている読者が、さらに興味を持ってもらえると、本のリンクからブログ記事にいけるんです。

しかも、私が凄く感じるのが、Kindle出版した本からの読者層は、購買意欲が高いコアな読者が多いことです。

Google検索やSNSの場合、ひやかし読者層も結構多かったりするものです。

その点、ブログテーマに近い読者層が訪れてきやすいと感じます。

さらに、Kindle出版も、ブログのGoogle検索と似たようなところがあり、本を出版停止にしない限り、Kindle本内の検索を利用して、読者の方から訪れてくれるという点です。

SNSのデメリット、発信し続けたり、動き続けなければ集客できなかったのが、Kindle出版はその動き続ける努力量が少ないのもメリット

そして、この似た者同士の相乗効果が期待できるんです。

イメージ図です。

❷収益化の結果が出るのが早い

さらにブログ初心者の一番つらいところである収益化に対し、Kindle出版は読んでもらえたページ数でロイヤリティがもらえるシステムがあることで、本が売れなくてもロイヤリティが得られるのがメリットです。

私が1ヶ月目得たロイヤリティが536円。

2ヶ月目は、集計中ですがページ数から換算すると5,000円はいけそうです。

この記事で全てオープンにしていますので、参考にしてみてください。

❸権威性がプラスできる

実は意外な効果だと感じたのが、権威性がプラスできることでした。

ブログ初心者と凄く相性がいいなと感じたのが、読者にとって有益な記事を書いていることです。

これを10記事もあれば、一つの本として出版しても十分有益な本になるということです。

そのままコピペはまずいかもしれませんが、テーマと有益なポイントは変わらないし、ブログの記事には書いていない情報も追記すれば、立派な書籍になります。

これを出版することで、意外にもこんな権威性がプラスになるんです。

読者
読者

この人本を出してるんだ

なんか専門的な情報得られるかも

本を出版すると、専門性の印象度UPという効果が期待できるんですね。

なので、ブログ初心者は特に同時にKindle出版もやってみることをおすすめしたいんです。

私のような、2年前の悪夢を経験して欲しくないんですよね。

キッツイっすよ!10ヶ月も収益0円って!

しかも11ヶ月目に初めての収益が3円って。。。

ひざから崩れ落ちましたよ。。。

そんな昔の私を応援する目的で、この記事を書いてみました。

まとめ

ブログ初心者におすすめするのは、ブログ運営のサードフェーズとしてのKindle出版です。

Kindle出版を同時に運営することで、ブログだけではなかなか得られない収益化のモチベUPと権威性のプラスが期待度大です。

iPhoneやiPadで簡単に出版できるので、気軽に始めてみることをおすすめします。

★文章力をUPしたい人は、この本がおすすめ★

Kindleで電子書籍を出版するといいことづくしとはいえ、読んでもらえる文章を書くのは大変ですよね。そこで文章力UPの専門書を読んで、今までの自分にない文章力を身につける方法を学ぶのが一番オススメです。私が参考にした文章力UPの本はこちら。(全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

億を稼ぐブロガーのマナブさんが、写経したほどの方法が実例で書かれているので、ブログだけに限らず電子書籍向けにもガチで実用的です。読んで損はないですよ。

以上、れおるーくでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA