新しいKindle本「iPad1台で副業収益月80万円」が出版されました!

Kindle出版のタイトル決めあなたはどっち?本を書く前?書いたあと?

このブログでは、Kindle出版について情報発信しています。

この記事で解決できること
  • 本のタイトルを決めるタイミングでのメリットデメリットがわかる
  • 本のタイトル決めのコツがわかる
れおるーく
れおるーく

こんにちは

れおるーく(@leoruuku)です

今回は、Kindle出版のタイトル決めについての考察を書いてみました。

れおるーくのKindle出版実績はこちら

✒️Kindle出版歴:3年🔥
✒️Kindle出版数:77冊🔥
✒️ランキング1位12冠達成🔥
✒️ベストセラー1位5冊獲得🔥
✒️ロイヤリティ月80万円突破🔥

Kindle出版のタイトル決めって本を書く前、書いたあとどっちの方がいいの?

れおるーく
れおるーく

まずは、Kindle出版仲間さんたちのリサーチ結果をご覧ください!

かなり面白い結果が出ていますよね!

あなたはどちら派ですか?

このテーマですが、明確な答えはないよなと思っています。

それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみました。

Kindle出版のタイトルを決めるタイミングでのメリットとデメリット

タイトルを先に決めるメリット

メリットはズバリ!

タイトルと本の内容がブレにくくなることです。

これにより、目的のキーワードで検索して読んでくれた読者さんの欲求を満たす作品になりやすくなる効果が期待できます。

れおるーく
れおるーく

探していた内容と合致した作品と出会うと読者さんの満足度が高まるので、信頼度が高まりより他の本も読んでもらいやすくなります。

タイトルを先に決めるデメリット

デメリットは、

本としての面白みには欠けるリスクがある

のかなと思います。

れおるーく
れおるーく

書く文字量も少なくなったりしやすいですね。

タイトルをあとに決めるメリット

あとに決めるメリットは、

感動が生まれる可能性がある

という点ですね。

タイトルと本の中身とのいい意味でのギャップによる奇跡ってあるんですよね。

れおるーく
れおるーく

予想していない満足度を感じてもらえると一気にファンになってもらいやすくなるんです。

タイトルをあとに決めるデメリット

デメリットは、

ボンヤリした作品になるリスクがある

書いていくうちに内容があっちこっちにブレてしまいやすく、書いているうちに何を言いたいのかわからなくなったりしたことってないですか?

れおるーく
れおるーく

私はよくそういうことを感じて書き直すこともありましたね

Kindle出版のタイトルを決めるコツ

本を書く前にしろ、あとにしろ、書くテーマを決めて本を書くはずですよね。

必ず検索キーワードは決めておくことをおすすめします。

特に、似たようなテーマの本との内容の差別化を意識して本を書く

これがめちゃくちゃ重要なポイントになるからです。

「この人の本って他の人と違うな」

と感じてもらえるか

「どれもこれも似たようなことばかりだな」

という評価をされてしまうかで大きな差になる。

そうなったら、その他大勢化してしまうので要注意です。

れおるーく
れおるーく

決めた検索キーワードでAmazon内で検索して、上位表示されている本のリサーチをしてから書くことをおすすめします。

こちらの記事も参考にしましょう!

まとめ

結論、タイトルを決めるタイミングは、正直どっちでもOKです。

ただし、検索キーワードは事前に決めて競合本をリサーチすることをおすすめします。

以上、れおるーくでした。

れおるーく
れおるーく

この記事が役に立ったら、フォローかシェアーで拡散していただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました m(_ _)m

この『Kindle出版の伸ばしかた』が、30日間限定で無料で読める方法がこちら

Kindle Unlimitedは、初めて利用する方なら30日間無料お試しができます。

この30日間の無料体験を活用すれば無料で読むことができますよ。

無料体験は、こちらの公式ホームページからご利用できます。

>>Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

※初回30日間無料。以降、月額980円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA