【iPadでWordPress】が使いやすくなった【iPadブロガーの時代】

れおるーく
れおるーく

40代の会社員れおるーくです。

  • iPadブロガー歴は3年
  • Twitterフォロワー数4,000人
  • Kindle出版数は39冊です

初心者くん
初心者くん
  • iPadでWordPressのブログってできるの?
  • 使いにくいからみんなやらないの?
  • iPadで使っている人の生の感想を聞きたい

こんな悩みを攻略します!

この記事を読んでもらえれば、iPadがダントツにPCに変わるWordPressブログツールになることがわかりますよ!

先に内容を言っちゃうと、まだまだ数少ないiPadブロガー目線の生の声をまとめた記事です。

最後まで読んでみると、WordPressをiPadやスマホで始めたかった人は、わりと気持ちがラクになります。

iPadでWordPressが使いやすくなった理由

副業戦士
副業戦士

iPadでワードプレスを操れるんぞい?

謎の美女
謎の美女

そうなの!PCだけの時代じゃなくなったのよ!

今までWordPressは、

  • 専門知識が必要
  • 中級〜上級者向けのもの
  • パソコンで操作するブログ

そんなイメージがありませんか?

ネットで調べてもHTMLとかCSSとか、難しそうなコードが並んでいる。

それを見ただけで、

初心者くん
初心者くん

初心者には無理だよ。。。

と思っちゃいませんか?

さらに、有名なアフィリエイターのひとたちは、みんなPC操作の記事やYouTube動画で解説していて、iPadで出来るものという気がしないですよね。

でも実際のところ、iPadでWordPressってどうなのか?

結論をいうと、これからの時代はスマホやタブレットでWordPressブログをする人が増えると思います。

しかもその中で、iPadがダントツにPCに変わるWordPressブログツールになると思っています。

なぜかというと、今、WordPressの中である変革が始まったからです。

その変革とは、WordPress5.0の新エディタ「Gutenberg(グーテンベルグ)」の登場です。

ポイントは、Gutenbergのブロックエディタの新方式を採用したこと。

Gutenbergのブロックエディタは、次のような目的で開発されています。

【あわせて読みたい記事】
 Gutenberg 説明ページ

Gutenbergのブロックエディタを開発した目的とは
  • 専門知識がなくても、ストーリーに合った複雑で美しいレイアウトを簡単かつ楽しく作ることができるようにすること

専門知識がなくても、直感的に操作しながら作成が可能になったのです。

直感的にというところ、スマホやiPadと同じですよね?

まさに、ガラケーからスマホに変わったような変革が起きているんです。

私がiPadでWordPressを使っていて思うことが、

れおるーく
れおるーく

Gutenbergのブロックエディタ方式と、iPadとの相性がめちゃくちゃ良いんです。

WordPressの開発者も、iPadでの操作を意識して開発したんじゃないの?と思うくらいです。

それまで、専門知識が必要そうだし、iPadでの操作性についてあまりいい評価している情報がなかったので、WordPressを始めるのはちょっと抵抗がありましたが、いざやってみるとiPadブロガーの時代がきたなと思います。

iPadでWordPressブログを始めて感じたメリット

れおるーく
れおるーく

このZENKURIというブログサイト、iPadだけで作ってるんです

実は私、WordPressをすべてiPadで運営してます。

結構良い感じのサイトに仕上がってるんじゃないでしょうか?

iPadだけで、このレベルのサイトを作れるって正直思ってなかったです。

今までのWordPressの旧エディタだったら、HTMLのコード見ただけでフリーズしてしまいますもん(^^)

デザイン性に関しては、テーマをSANGOにしたことも正解でしたね。

では実際にiPadで使ってみて感じたメリットをお伝えします。

iPadでWordPressブログを始めて感じたメリット
  • メリット①:初心者でも扱いやすい
  • メリット②:同じ値段ならコスパが神
  • メリット③:iPadの機能性が活躍しすぎ
  • メリット④:画像編集のクオリティ高い
  • メリット⑤:アプリSNS連携で無限化
  • メリット⑥:慣れるとPCよりも快適

それぞれ解説しますね。

メリット①:初心者でも扱いやすい

HTMLとかCSSを知らなくても、いろんなレイアウトアイテムを直感的に使って、ブロックで組み立てていくような記事の作り方が出来ます。

ちょっとしたパズル感覚で、デザイン性の高い記事がつくれるので、初心者でもとても扱いやすいのが一番のメリットです。

すべてコード編集することなくできるってのがうれしすぎます。

メリット②:同じ値段ならコスパが神

これは、PCとiPadとの価格のことです。

やっぱりPCは、そこそこの性能を求めると高いですし、私だけなのか?何を選べばいいのかも謎に迷ってしまいます。

だけどiPadはシンプルにiPadです。

iPad Proじゃなくても、ノーマルで十分な操作性です。

私はノーマルのiPadを使ってますが、不満もないし、長持ちするし、なんかカッコいいし。

同じ値段なら断然iPadの方がコスパ高いです。

メリット③:iPadの機能性が活躍しすぎ

iPadなので立ち上げ爆速ですから、アイデア思いついたらすぐに書くこともできます。

持ち運び性ももちろん◎です。

カフェでの執筆作業も、なんかiPadの方がステキ感高いです(思いっきり個人的な意見)

iPadだと、これ1台で写真も撮れるし、画像編集もそのまま出来ていろんなアプリを活用して分析もできる。

思いついたら、いろんなことが一気にできてしまいます。

メリット④:画像編集のクオリティ高い

アイキャッチ画像の作成も、iPadのアプリ使ってデザイン性の高い画像がつくれます。

ZENKURIのアイキャッチ画像や、れるーくのアイコンも自作です。

れおるーく
れおるーく

このアイコンもiPadのアプリで作ったんですよ

無料ソフトで、自分の好きなアイキャッチ画像が編集できるのは、すごい個性を表現できます。

さらにApple pencilが使えると最強ですね。

メリット⑤:アプリSNS連携で無限化

TwitterやInstagramへ記事の紹介もサクサク展開できて便利ですし、いろんなアプリが使えるので、オリジナルのブログ運営の仕方を作りあげることができます。

これは、組み合わせや使い方で無限に展開できるので、PCよりも有利な点だと思います。

メリット⑥:慣れるとPCよりも快適

個人的な意見ですが、慣れるほどiPadの良さと融合されていくのか、PCだと操作しにくく感じます。

iPadの利便性が圧倒的に高いので、正直ラクです。

iPadでの操作に慣れると、ちょっとした操作やチェックもiPhoneで出来るので、移動時の利便性もめっちゃ快適ですね。

iPadでWordPressブログを始めて感じたデメリット

逆にデメリットですが、今からiPadでWordPressを始める人じゃないと、メリットを感じる前に挫折する人が多いと思います。

旧エディタでのWordPressの操作に慣れている方には、かなりGutenbergへの移行に抵抗があるようです。

元々の旧エディタは、PCありきの仕様ですからね。

なので、もし今からWordPress始めようかなと考えている人は、iPadの方が断然おすすめだと思います。

最初からiPadでGutenbergを操作すると、すごく相性が良いので逆にPCへは移行したくなくなるはずです。

では、私が実際に使用して感じたデメリットをお伝えします。

iPadでWordPressブログを始めて感じたデメリット
  • デメリット①:困ったときに参考になる情報が少ない
  • デメリット②:文字入力の予測変換による誤字
  • デメリット③:メモリサイズによっては急に落ちるときあり

デメリット①:困ったときに参考になる情報が少ない

ちょっとした操作性の違いから、細かな部分で参考になる情報がまだまだ少ないですね。

でも、iPadだとSafariで操作していればほぼPC向けの情報でクリアできます。

デメリット②:文字入力の予測変換による誤字

予測変換による誤字は、慣れてきて操作が早くなってくるとそのように感じることがあります。

デメリット③:メモリサイズによっては急に落ちるときあり

記事を書いているときに、他のアプリで画像編集していると保存前の状態に戻っている時があります。

たぶん画像処理ソフトの処理が重たいので、記事画面の方が落ちちゃうのが原因かと。

都度画像処理前に下書きを保存して作業することで、私は解決しています。

仕事でパソコン使用しているときに、たくさんのファイルを開いて操作していたらフリーズした時と同じような感じですね。

iPadは、3万円くらいで変えちゃう最高ツールですが、同じ3万円のPCと比べると断然性能の違いが分かりますよね?

長持ちするし、便利だしブログ意外にも様々な生活シーンで使えるので、これからはiPadブロガーの時代だと私は思います。

まとめ

iPadでWordPressを始める人は今後増えると思います。

理由は、WordPress5.0の新エディタ「Gutenberg(グーテンベルグ)」の登場で、iPadとの相性が格段に良くなったから。

iPadの多機能性や自由度は、個人個人で使い方も無限化します。

さらに最近では、レンタルサーバーでも変革が起こっており、WordPressを始めるときのややこしい4つの導入をまとめて始めることができるサービスが開始されています。

私もそのセットで始めたのですが、その日のうちに記事を書けるくらい簡単に始めることができました。

その時の記事も参考にどうぞ。

【iPadでも簡単にできた!】初心者向けWordPressがすぐに使える始め方(ConoHaWINGパック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA