おすすめはこれ!厳選した2つのエクストラバージンオリーブオイルを紹介

れおるーく
れおるーく

40代の会社員れおるーくです。

  • iPadブロガー歴は2年
  • Twitterフォロワー数4,000人
  • Kindle出版数は36冊です

今回は、私の大好きなオリーブオイルの中でも、厳選した2つのエクストラバージンオリーブオイルをご紹介します。

いろんなオリーブオイルがある中で、今この2つは特に注目です。

エクストラバージンオイルの魅力にハマった人も、興味のある人も必見。

一度試してみることをおすすめします。

和食料理人の道場六三郎氏がおすすめするキヨエ・EXVオリーブオイル・ギリシャ


キヨエ公式オンラインショップ


昔懐かしい番組、『料理の鉄人』の中で数々の料理人との争いを制した和食の鉄人、『道場六三郎』といえば有名ですよね。

この道場六三郎氏が、和食と合うオリーブオイルはこれだとおすすめしているんです。

この一見、和食とオリーブオイルとのミスマッチなイメージを覆すオリーブオイルが、『キヨエ・EXVオリーブオイル・ギリシャ』

道場六三郎氏が絶賛する理由がこちら

道場六三郎氏が絶賛する理由

❶食材の持ち味を邪魔しない

❷素材の味を持ち上げる

❸醤油やお出汁にも合わせやすい

❹炒め物から煮物、和えものにも合う

❺和食の繊細な味わいにピタリと合う

れおるーく
れおるーく

私は特に冷やっこがおすすめ

豆腐にオリーブオイルと塩

これだけで豆腐の味わいが増すんです

なぜ?ギリシャなの?

ギリシャは、長寿国として有名なのをご存知ですか?

実は、ギリシャってオリーブオイルの名産地。

しかも、ギリシャは、長寿の秘訣である「地中海式食事方法」で有名な国なんです。


ギリシャは、年間オリーブオイル消費量が1人につき31ℓ(1日85g)消費することから、「地中海式食事方法」として、世界的に有名になりました。

ギリシャ最大の島が地中海に浮かぶ「クレタ島」ですが、世界でいちばんオリーブオイルを消費しているのがこのクレタ島と言われています。

特にそれは、ギリシャ・クレタ島の心臓病の発生件数が極めて低いことが有名だからです。

2010年、和食とともにユネスコの世界無形文化遺産に登録された地中海式食事法。

オリーブオイルをふんだんに使ったこの食事法が注目されたのは、ギリシャ・クレタ島で暮らす人々の食事がきっかけでした。

オリーブオイルの使用はクレタ島で始まったと言われているんですって。

そして、すべての調理法にオリーブオイルが使われています。

しかし、この「地中海式食事方法」っていったいなんなのか?

和食よりもヘルシー???「地中海式食事方法」とは?

 

『地中海式食事方法』は、イタリアやギリシアといった地中海沿岸の国々で取られている伝統的な食事法のこと。

この食事法が注目されたのは、アメリカでの調査がきっかけだったといいます。

当時のアメリカは生活習慣病が増えていました。

そのための対策を探ろうと世界の食生活の調査が行われたのです。

特に、1985年にアメリカのミネソタ大学のアンセル・キース博士が、日本、アメリカ合衆国、フィンランド、オランダ、イタリア、ユーゴスラビア、ギリシャの7カ国で行った疫学研究で、地中海沿岸の国では高脂肪食を食べているにもかかわらず、血中コレステロール値が低く、動脈硬化による狭心症や心筋梗塞などの病気が少ないことを報告し、ひときわ地中海食が注目されるようになりました。

その中でも、地中海沿岸の国々では心臓病による死亡率がアメリカや北ヨーロッパと比較して3分の1以下であることがわかりました。

以降、様々な研究が行われ、健康長寿につながるこの地域の食事法が『地中海式食事方法』として世界に知られるようになったのです。

『地中海式食事方法』の特徴はこれ
  • 野菜やくだものを毎日食べる
  • ナチュラルチーズとヨーグルトも毎日食べる
  • 油はオリーブオイルを使う
  • 食事といっしょに適量の赤ワインを飲む
  • パンやパスタなどの穀物を多くする
  • 毎週豆やナッツ、イモ類を食べる
  • 鶏肉やたまご、魚介類は週に数回におさえる
  • 豚や牛などの赤身の肉は、月に数回までおさえる

この中でも特に健康にも美容にも良いとされる食材がオリーブオイル。

オリーブオイルの健康効果は、こちらの記事でまとめていますので、参考にどうぞ。

\オリーブオイルって凄い!/ダイエットだけじゃない?驚きの健康効果

キヨエ・EXVオリーブオイル・ギリシャってどんなオリーブオイルなの?

キヨエオリーブオイルには、オーストリア産とギリシャ産の2種類があります。

ギリシャ産とオーストラリア産で大きく違うのが農場。

オーストラリアはゼロからの土壌造り・スプリンクラーで徹底管理しているのに対し、ギリシャの農場は雨のみで水を管理するので、オーストラリア管理農場に比べて実は小さく、味は濃いのが特徴。

ギリシャ産はそれらを考慮し、日本人が好む味わいのタイミングで収穫して作ったのがギリシャ産キヨエ・オリーブオイルです。

より日本人向けに特化して作り上げたオリーブオイルなんですね。

オリーブオイルって、いろんなものを使用していくとすごくよくわかるのですが、ワインのように産地や作り手が変わるだけで、香りも味わいも変わるのでとっても奥が深いんですよ。

キヨエ・EXVオリーブオイル・ギリシャの使い方は?

キヨエ・EXVオリーブオイル・ギリシャは、和食向けに作られていて特に調理後の料理にそのままかけるのがいちばん美味しく感じるのでおすすめ。

熱を加えるとせっかくの風味がとんでしまうので、もったいないかも。

オリーブオイルダイエットとして、飲む方法がありますが、少しむせるくらい濃いので、料理にかけて食べるのがいちばん適している商品です。

オリーブオイルダイエットで、飲む方法に適しているのは、同社の定番商品である飲めるオリーブオイル、オーストリア産の『オリーブジュース100%オイルキヨエ』です。

こちらは、本当に飲めます。

すごく爽やかな味わいで、オリーブオイルダイエット初心者の方にはこちらの方が継続しやすいため、1番の人気商品。

私のおすすめは、最初は『オリーブジュース100%オイルキヨエ』でオリーブオイルダイエットデビューしつつ、毎日欠かさない和食料理にも取り入れるなら『キヨエ・EXVオリーブオイル・ギリシャ』と使い分けることですね。

ぜひ公式ホームページでこの2つの商品の違いをくわしくみてみてください。


キヨエ公式オンラインショップ

絶対的な安心感!小豆島で作った国内産のオリーブオイル

日本の市場で売られているオリーブオイルの中で、国内産の割合って0.1%もないって知ってました?

その中でも香川県の小豆島のオリーブ園で販売されているオリーブオイルは、なかなか手に入らない貴重なオリーブオイル。

一般的に国内産のオリーブオイルを購入するためには、次の3つしかないんです。

  1. 高級食材を扱うスーパーマーケット
  2. 小豆島や香川県のお土産物屋
  3. ネット通販

特にネット通販でもなかなか手に入らない国内産のオリーブオイルが、こちら。

小豆島のオリーブ農園、井上誠耕園のエキストラヴァージンオリーブオイルの中でも、すべて手摘みされたオリーブで作る100%小豆島産のオリーブオイルです。

すごく少量で、毎年秋から冬にかけて収穫を行われてすぐに製造された期間限定販売の超レアなエクストラバージンオリーブオイルは、ぜひともお試しいただきたい逸品なんです。

小豆島のオリーブ農家が作った絶対的安心感の国産オリーブオイル

すぐに売れ切れてしまうので、ホームページは常に要チェックです。

特に下記画像の矢印の商品は、一度体験してみて欲しい逸品ですよ。

オリーブオイルの中でも最高品質の「エキストラヴァージンオリーブオイル」
果実を搾ってろ過しただけの一番搾り(化学的処理を一切行っていない)オイルの内、味・香りとも最良質で酸度が0.8%以下であることが条件。

この一番搾りされたオリーブオイルの魅力は、品種の他にワインのように農園ごと、会社ごと、畑ごと、年ごとに味が違うのも特徴なんですよね。

自分好みのエキストラヴァージンオリーブオイルを探していくのも楽しみの一つになりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA