新しいKindle本「過去のブログ記事を本にしてみたらKindle出版で90万円に!」が出版されました!

【図解つき】Kindle出版用電子書籍ファイルの作り方【iPhoneで作成する方法】

こんにちは、れおるーく(@leoruuku)です。

このブログでは、Kindle本を出版している私が、Kindle出版に関するいろんな情報についてまとめています。

Kindle出版用の電子書籍ファイルの作り方を知りたいです。

この記事では、iPhoneでKindle出版用の電子書籍を作成する方法を図解付きで解説します。

【完全公開】私がiPhoneでKindle出版用の電子書籍を作成するやり方

当たり前の話ですが、本を書かないと出版できませんよね。

ここでは、iPhoneユーザーならではの執筆のコツも交えてご説明していきます。

iPhoneで簡単にKindle出版できる最大の理由が、「Pages」というアプリにあります。

画像19

iPhoneユーザーなら、最初から入っているアプリなのですが、使っていない人が多いかもしれません。

私も執筆するまで、使用していませんでした(^^)

この「Pages」というアプリがすごい神アプリ。

Kindle出版に最適なファイル形式、EPUBファイルに簡単に変換してくれる凄いやつなんです。

電子書籍フォーマット変換が超簡単です

初めて出版するとき一番苦労するのが、電子書籍フォーマットへの変換です。

Kindle出版では、出版できる書式が決まっています。

KDPではその適した書式へ変換するツールがあるんですが、非常にわかりにくいです。

PCユーザーの場合、ここでつまづく人も結構多いんじゃないでしょうか?

iPhoneではサポートされていないツールもあり、かなり手強いです。

KDPでは、次の書式で出版できるようになっています。

推奨されるファイル形式

・Microsoft Word (DOC/DOCX)
・EPUB

サポートされているファイル形式

・HTML (ZIP、HTM、または HTML)
・MOBI
・リッチ テキスト フォーマット (RTF)
・プレーン テキスト (TXT)
・Adobe PDF (PDF)

いろいろありますが、推奨されている形式を選ぶことを私はおすすめします。

私も過去、いろんな形式でチャレンジしてみましたが、推奨されるのがなぜなのかわかりました。

結局、Kindleの電子書籍用タブレットで読むことに適した形式を推奨してあるんですね。

iPhoneの場合は、その中でもEPUBとの相性が良いです。

これはPagesというアプリのおかげです。

このアプリだけで、電子書籍の執筆からEPUBファイル形式への変換も簡単にできます。

簡単に説明しますと、次の2ステップで完了します。

❶文章を書き終えたら「書き出し」を押す 
❷変換したい書式を選択するだけで自動変換してくれる 

たったこれだけで、Kindleの電子書籍を出版するファイル形式に変換できるんです。

まさしく神アプリです。

この有料級のアプリをiPhoneユーザーは無料で使える。

これだけで、出版のハードルがガクンと下がり、サクサクと出版できるようになります。

iPhoneユーザーなら出版しないと損ですよ。

それでは、Kindle出版用の電子書籍を作成する手順をご説明しますね。

iPhoneで電子書籍を作成する手順

これから、私がiPhoneで電子書籍を作成するやり方を手順通りに図で説明します。

まずPagesのアプリを開きます。

画像22

新規作成をタップします

画像23

ブックを選びます

画像24


選んだブックによって、レイアウトや見出しの有無が異なります。

あとで編集できるのですが、慣れるまでは、私と同じ小説を選んでおきましょう。

右上の•••のマークを押すと表示オプションが選択できます

好みもあるので自由ですが、2ページ表示のままにしておくのがおすすめです。

画像25

初ページの表紙は削除して、自分で作成した表紙に差し替えるのがおすすめ

画像26

ここでは、練習でそのまま上書きしていきます。

文字のフォントをヒラギノ明朝ProNに変更します

すべての文字を選択してから、画像の矢印ボタンを押します。

画像27


フォント名をタップして一覧からフォントを選択します。

画像28

次にタイトルとサブタイトルを設定します

タイトル名全体を選択したまま、先ほどと同じ画面の本文という部分をタップし、一覧から「タイトル」を選択します。

画像29

次に目次の設定をしておきます

今回は下記のプロローグと第一章を目次で表示する方法です。

両方とも先ほどのタイトル設定したやり方で見出しに設定します。

見出しの設定ができれば、目次を表示したい箇所の空欄場所をタップします。

画像31

黒い吹き出しが表示されたら、端の▶︎をタップして挿入タブが出ればタップします。

画像31


目次をタップします。

目次が青枠で囲まれたまま、矢印のボタンをタップします

画像32

スタイルをカスタマイズをタップします

画像33


見出しを選択します

画像34


これで見出し設定したところを抽出して自動で目次を作成してくれます

画像35

あとは自由に本を執筆します

執筆が完了したら、EPUB形式で出力します

下記矢印のマークをタップします

画像36


書き出しをタップします

画像37

EPUBをタップします

画像38


タイトルと作者名を編集します

あとは下記のままでOK

右上の書き出しをタップします

画像39


ファイルに保存を選択します

画像40

好きな場所に保存します

EPUBファイルが作成されました

画像41

これで電子書籍の作成は完了です。

いかがですか?思ってたよりも簡単じゃなかったですかね。

次は、表紙作りですね。

【Kindle出版の表紙】を推奨サイズで作る方法【iPhoneで簡単に】

れおるーくからのお知らせ

よりKindle出版の運用方法を知りたい方は、下記の本が参考になります。

iPadで出版できる方法も下記で公開しています。

ぜひ、あなたも作家デビューをして、Kindle出版を楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA