【Kindle出版の表紙】を推奨サイズで作る方法【iPhoneで簡単に】

こんにちは、れおるーく(@leoruuku)です。

Kindle出版の表紙の推奨サイズを知りたい。

初心者でも自分で作れる方法があったらチャレンジしたい。

もし、自分で作るのが無理な場合どうすればいいの?

こんな悩みを解決します。

Kindle出版するためには、表紙の推奨サイズを基本知識として知っておいた方がいいですね。

今回は、Kindle出版するために必要な表紙の推奨サイズ情報と、iPhoneで簡単に自作できる方法を解説します。

一度チャレンジしてみて、『やっぱ、無理。。。』となっても大丈夫な方法を、最後にご紹介しますので、Kindle出版をあきらめずに作家デビューを目指してくださいね。

Kindle出版用表紙の推奨サイズは2560×1600

Kindle出版に必要な表紙の推奨サイズは、高さ2560x幅1600と公表されています。

画像引用元:電子書籍の表紙の作成:Kindleダイレクトパブリッシング

推奨しているサイズで表紙を準備しましょう。

Kindle出版用表紙をiPhoneで簡単に作る方法

iPhoneでもiPadでもどっちでもいいです。

canvaという無料アプリが使えればOKです。

今回は、iPhoneでKindle出版用の表紙を作るやり方をご紹介します。

下記の記事で、一番簡単な手順をまとめました。

とても簡単です。

さらに応用編として、無料素材を利用する方法を解説します。

これができると個性的な表紙が作れますし、ブログのアイキャッチ画像も作れるのでぜひ参考にしてみましょう。

新規作成してカスタムサイズで推奨サイズにします。
テンプレートから、今回はトーストを選択します。
これです。
トーストの画像を削除して、素材を追加します。
私のお気に入りのパンダのるーくんにします。
トーストの代わりに、るーくんを配置します。
タイトルや作者名を変えて、アクセントで素材の中からマヨネーズを追加します。(あくまで例です)
るーくんにマヨネーズを持ってもらって完成です。

出力すると表紙が出来ました。

れおるーく
れおるーく

適当に作ってみた表紙ですが、意外にかわいい表紙になったので、この表紙のタイトルの本を出版してみようと思います。

出版したらまた紹介しますね(^^)

※2021/3/20追記 出版しました!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

表紙作りが自分では無理だった場合の方法

やっぱり無理。。。

となってもKindle出版をあきらめないでください。

最終的には有料になるけど、ココナラで表紙を依頼することができます。

私でよければ、たまに出品しているので、出品していたらご依頼くださいね。

こんな感じで出品してます。

Kindle出版で困ったことがあったら、私でわかることは気軽にアドバイスもできますよ。

表紙だけ提供するサービスよりもお得かもですね。

Kindle出版は、自由なところが面白いです。

先ほどのおちゃめなるーくんおすすめ『トーストにはマヨネーズ』という本は、本気で出版してみようかなと思いますので、ぜひお楽しみに(^^)

【あわせて読みたい記事】

Kindle出版は副業として稼げるのか【Kindle出版体験2ヶ月後の感想】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA