【図解つき】Kindle出版用表紙の作り方【iPhoneで作成する方法】

こんにちは、れおるーく(@leoruuku)です。

Kindle出版の表紙の作り方を教えてほしいです。

このような、Kindle出版に興味がある方の質問にお答えします。

この記事では、iPhoneで無料で作成できる表紙の作り方を解説します。

※2021/8/16追記

8ヶ月目で、目標の月1万円を達成しました!

詳しくは、この記事の最後で追加報告しております。

私がiPhoneでKindle出版用の表紙を作成するやり方

iPhoneで表紙を作成する無料アプリ

出版するためには、表紙が必要になります。

実は、初心者である無名の作家の本を読んでもらうためには、一番重要なのが表紙になるんです。

ここ、めちゃくちゃ重要なので、表紙の作り方の後半で、表紙作りのポイントを深掘りしておきましたので、ぜひ参考にしてください。

せっかくいい文章の作品を執筆しても、読まれなければただの記録書籍になっちゃいますので。

さて、表紙の作成ですが、iPhoneで自作ができるのが、iPhoneユーザーの最大のメリットですね。

この表紙作成のおすすめ方法は1つだけ。

Canvaという無料アプリで作成します。 

画像42

iPhoneの中で、表紙作成も完結できるのですから、すぐに出版できるわけです。

自分で対応できるからこそ、すぐに出版できるということ。

もしデザイナーに頼む場合には、費用も掛かりますし、時間も掛かりますよね。

iPhoneユーザーなら、自作することが出来るのです。

それでは作り方を説明します。

ホーム画面で矢印の新規作成ボタンをタップします。

画像43


カスタムサイズを選択します

画像44

Kindleで推奨される表紙のサイズが、1600 x 2560pxとなっていますので、推奨通りのサイズにします。

カスタムサイズで、1600と2560を入力して、「新しいデザインを作成」をタップします。

画像45


最初は無料で使える表紙デザインのフォーマットを利用すると簡単です

画像46


初心者にとってはありがたいフォーマットで、写真を差し替えて、文字入力を変更するだけで、すぐに表紙が作成できます。

私も最初に出版した

引き寄せの法則を学べる物語『エレとジラ 夢の叶えかた①』

の表紙は、この無料で使えるフォーマットで作成したんですよ。

これです。

画像47

本当に写真と文字を変えただけです。

でも素敵な表紙になってくれました。

とても簡単です。

「えっ?これだけなの?」

って思いませんでしたか?

なんかもっと難しいイメージを持っていませんでした?

表紙作りもiPhoneで簡単に自作出来るんです。

慣れてくれば、真っ白な状態から、文字入れや写真とスタンプ、無料素材なども組み合わせて自由に表紙作りができます。

これが結構楽しいんですよね(^^)

このcanvaの応用編として、私のかわいい相棒たち「れおくん」と「るーくん」もcanvaの無料素材なんです。

画像48


パンダが「るーくん」で、るーくんの頭の上にちょこんと乗っているのが、「れおくん」です。

このcanvaという無料アプリは、色々と使えるのでぜひ使ってみてください。

表紙作りは奥が深く、読まれるかどうかが決まる重要な窓口になるので、下記の記事も参考にして工夫してみてください。

表紙が作成できたら、いよいよKDPで出版する方法です。

いよいよ作家デビューできますね。

れおるーくからのお知らせ

よりKindle出版の運用方法を知りたい方は、下記の本が参考になります。

iPadで出版できる方法も下記で公開しています。

ぜひ、あなたも作家デビューをして、Kindle出版を楽しんでみてください。

※2021/8/16追記

8ヶ月目で、目標の月1万円を達成しました!

それまでの収益の推移はこちらです。

月1万円稼ぐまでにやってきたことを、下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

【Kindle出版副業は稼げる?】会社員が月1万円稼ぐまでにやったことを全て公開します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA