iPadでブログするなら無印で十分すぎる【2年使った感想】

れおるーく
れおるーく

40代の会社員れおるーくです。

  • iPadブロガー歴は3年
  • Twitterフォロワー数4,000人
  • Kindle出版数は39冊です
  • iPadでブログを始めたいけど、無印で大丈夫?
  • 無印のiPadでブログをしている人の感想とか知りたいな

このような悩みを解決する記事です。

今回は、iPadブログ歴2年の私が、無印のiPad第6世代を使ってきて困ったことや過去のブログ歴の体験談をまとめてみました。

結論をいうと、無印で十分ブログ運営可能です。

ただし、容量だけ32GBを選ぶと後悔するかも。

そのあたりをくわしくご説明していきます。

iPadでブログするなら無印で十分すぎる【2年使った感想】

iPadでブログするのに無印で大丈夫?【結論問題ないです】

私がiPadをゲットしたのが約2年前。

当時の最新機種、第6世代の無印を使ってブログを書き始めました。

当時の喜びの記事がこちら

iPadを購入するまでは、iPhoneでブログを書いていました。

今は2つのブログを運営しています。

本サイトleoruuku blog ZENKURIは、WordPressで運営しているブログ。

先ほどの念願のiPad(第6世代)を購入したぞ!の記事を書いたサイトれおるーくblogは、無料ブログのbloggerで運営しているブログです。

どっちもiPadだけで、全然問題なくブログを続けています。

なのでまったく問題ないですよ。

無印でもOKだよって言いたい。

当時はスマホでブログを書いていたので、逆に画面も大きくなって使いやすくなったー!

って喜んでたくらいです。

最近は本サイトがメインで活動しているのですが、WordPressの思わぬ変革によって、WordPressブログをiPadでやりやすくなったんですね。

むしろ、iPadとの相性が良くなったんです。

この記事を参考にしてみてください。

おすすめなのは第6世代以降のiPadです。

というのも、コスパが最高なだけじゃなくて、Apple pencilも使えるようになったからです。

これは大きなポイントです。

無印のiPadでブログ歴2年の私の体験談【注意点あり】

とはいえ、2年前の私なら、ダメダメ!やめといた方がいいって!言ってましたね。

当時はヤバいくらいやりにくかったです。

特にGoogleが提供する無料ブログblogger との相性は最悪でした。

記事を書いていてもスクロールすらしないんです。

おいおい!短い文章しか書けへんやん!ツイッターちゃうねんから!

という感じでした。

れおるーく
れおるーく

さすがに無理ゲーかもと思いましたね

じゃあWordPressはどうなの?ってところですが、2年前、WordPressブログもiPadで記事を書くのは無理という情報が多く、最初からあきらめていました。

とはいえ、ブログで稼ぎたいと思っていた私はあきらめずに少しずつ記事を積み重ねていきました。

まぁ幸い、続けていくうちにiPadのOSのアップデートでスクロールしない問題も解決したし、どんどんiPadでもやりやすくなっていったんですね。

合計300記事くらい書いたんです。

結構な実績ですね。

今は半分くらい消しました。

恥ずかしい記事が多かったからです。

どれくらい恥ずかしいかというと、今回特別にその一部を再現してみようと思うんですが、ちょっとやさしい目でご覧いただけるとうれしいです。

メルカリを始めた。

とにかくお小遣いの私にとって、何かお金を稼ぐ方法が必要なのだ。

ということで、メルカリを始めた。

メルカリは妻から教えてもらった。

何やら忙しく写真をとっては、スマホでポチポチしていたからだ。

『それ何してんの?』

『メルカリやん!メルカリ!』

『めるかり???』

『そう!メルカリ!家にある不用品を販売できるアプリやねん。』

『ヤフオクみたいなやつか!』

ということで、わたしもメルカリを始めることにしたのだ。

こんな感じの記事を書いていました。。。

カオスです。

もう、読者の役に立つ情報どころではなくて、露骨にエグい世界観丸出ししてるようなブログでした。

いやそりゃ消すでしょ!

るーくん
るーくん

れおくん
れおくん

見るに耐えないね

まぁ、当時は骨骨☠️日記っていう物語を制作していたので、そのノリでこんな記事書いていたんですね。

骨骨☠️日記は、Amazonのインディーズ無料マンガで公開している作品です。

息子が大爆笑してくれた第3話まで読んでもらえると、ちょっとこの作品を気に入ってもらえるんじゃないかなと思います。

いった恥ずかしい歴史がありながら、ブログを継続してきました。

その中で、iPadの無印で1つだけ注意点があるんです。

それは、容量ですね。

ズバリ、32GBを選ぶと後悔します。

この記事を参考にしてください。

無印iPadでブログをしつついろんな副業にチャレンジした【感想まとめ】

最後に、参考までに無印iPadを使って私がチャレンジしてきた副業について、それぞれの感想をまとめてみました。

今後のiPadライフの参考にしてみてください。

結論をいうと、現時点でiPadで稼げた金額順はこちらです。

  1. メルカリ
  2. Kindle出版
  3. ブログ

それぞれの感想です。

メルカリをやってみた感想

れおるーく
れおるーく

一番即効性のあるお金の稼ぎかたですね。

iPadよりもむしろスマホの方が便利かもですね。

でも、一番即効性があって、家にある要らないものがお金に変わりました。

るーくん
るーくん

いらなものがお金に変わるっていいよね

れおくん
れおくん

でも注意点もあったりするよ、いろんなトラブルもけっこうあるんだ

総額18万円くらいいろんなものが売れました。

100件以上の取引をしてきたのですが、いろんなトラブルも起こりましたね。

あと売れやすくなるコツなんかも経験するほどわかってきました。

iPadだと、画像の画質がちょっと良くないので、写真撮影はスマホの方がおすすめですね。

メルカリのおかげで、iPadも買えたし、夢だったフカフカのソファーも買えました。

ただし、デメリットは、購入されたあとの梱包と発送がめんどくさい。。。

なので、今は土日限定で販売したりしています。

Kindle出版をやってみた感想

れおるーく
れおるーく

今、一番おすすめする副業ですね

ブログで有名なイケハヤさんも、2021年の稼げる副業でおすすめされていたので、私もやり始めました。

これが意外と私に合う副業でした。

面倒な梱包作業とか発送はいらないし、放っておいても収益が発生し続けるんです。

何よりうれしかったのが、初月からロイヤリティが発生したことです。

るーくん
るーくん

初月からロイヤリティが発生するっていいよね!

れおくん
れおくん

ちょっとしたコツがあるんだ

ちなみに初めて6ヶ月の収益の履歴ですが、

1ヶ月目:536円

2ヶ月目:5,104円

3ヶ月目:2,815円

4ヶ月目:2,859円

5ヶ月目:3,125円

6ヶ月目:5,324円

管理画面でこんな感じで、毎月の収益を確認できます。

けっこう安定的にロイヤリティが得られるようになっています。

しかも放っておいてもいいので、正直めっちゃラクです。

不労所得化してるので、毎月勝手に振り込まれてくる。

理想的でしょ!

本を出せば出すほど増えていくので、これから楽しみな副業方法ですね。

実はこのKindle出版、iPadですべてできるんです。

その始め方の本も出版しちゃったくらい。

Kindle出版は、KDPというAmazonのセルフ出版サービスに登録すれば出版できます。

無料ですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

月5,000円稼げたノウハウも本にして出版していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログをやってみた感想

れおるーく
れおるーく

ぶっちゃけ簡単に稼げません

いやぁなかなか手強い副業だと思いますよほんと。

ほとんどの人が継続できないのもわかります。

私は一度挫折していますし、今積み上げながらふたたび頑張っています。

WordPressブログを始めたのは、昨年の9月です。

ブログだけで稼ぐのは正直難しいですね。

るーくん
るーくん

iPadでブログを始めようかなと考えている人には残念な情報だね

れおくん
れおくん

これがリアルな情報だと思うよ

でも、続けていく意味があって、少なからずともアドセンス広告の収益が少しずつUPしていることもあるんですが、一番大きいのがKindle出版のPRになるってことです。

ブログは、記事を読みに読者から訪れてくれるので、放っておいても読まれるようになっていきます。

そこにKindle出版本を紹介することで、不労所得化したPRができるんです。

記事を書けば書くほど、その可能性は広がるわけですからね。

私は、ブログ単体で稼げなくても、Kindle出版とセットで考えることでブログを続けています。

まとめ

無印iPadでブログは問題なくできます。

選ぶなら32GBは避けた方がいいかも。

ブログを始めるなら、Kindle出版も同時に始めることをおすすめします。

ブログだけだと厳しい現実を受けて挫折する率が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA