新しいKindle本「過去のブログ記事を本にしてみたらKindle出版で90万円に!」が出版されました!

[iPadで副業]している私のおすすめは3つだけ[実績も公開]

こんにちは、れおるーく(@leoruuku)です。

iPadで副業している私の体験情報を発信しています。

iPadでできる副業の中で、おすすめはありますか?

れおるーく
れおるーく

私が今もやっているおすすめ副業は3つありますよ。

iPadでできる副業の中で、3つの不労所得タイプがおすすめです。

今回は、私の実績も公開してその理由も解説します。

iPadできる副業の中でおすすめする3つの副業とは?

私が今もやっているからこそおすすめする副業は、次の3つです。

  1. Kindle出版 →始めかたはこちら
  2. ブログ →始めかたはこちら 
  3. コンテンツ販売 →始めかたはこちら

この3つがダントツでおすすめします。

理由はすごくシンプル。

不労所得タイプの副業だからです。

iPadできる副業の中でおすすめする不労所得タイプの副業とは?

iPadでできる副業は、いろいろあります。

iPadは最強ツールなので

スマホでできる副業も

パソコンでできる副業も

どちらもできてしまうんですね。

私もいろんな副業をiPadだけでチャレンジしてきました。

そして、ふと気づいたんです。

副業には2つのタイプがあることに。

その2つがこちらです。

  1. 労力消費タイプ
  2. 不労所得タイプ

それぞれの違いは、すごくわかりやすいですよ。

そのポイントは、時間の使い方です。

労力消費タイプとは?

この図をみてください。

時間とお金とを交換する副業です。

一度使った時間は、お金と交換すると消えてしまいます。

一番わかりやすいのが、時間給のアルバイトです。

アルバイトって、時間とお金とを交換していますよね?

副業の中では、ポイント活動も労力消費タイプです。

いろんなアンケートに答えたり、ゲームをしたり。

その時間とポイントを交換するんです。

この労力消費タイプの特徴は、

行動が止まると収益も止まるところです。

常に労力=時間と交換するからです。

不労所得タイプとは?

この図をみてください。

時間を使って、お金のなる木を育てる副業です。

時間とお金のなる木を交換します。

お金のなる木は、その後もお金を生み続けます。

めっちゃいいでしょ!

一度使った時間が、この木とともに生きる。

その木を1本1本増やすことで

どんどん得られるお金が増えていくんですね。

この不労所得タイプの特徴は、

行動が止まってもお金が生まれ続けるところです。

これですよ!これ!

仕事をしている間でも

病気、ケガをして動けないときも

トイレしているときも

あなたが育てた木がお金を生み続ける。

これを目指さなきゃダメ!

だから、私がおすすめする 3つの副業というのがこの3つ

  1. Kindle出版
  2. ブログ
  3. コンテンツ販売

これらはすべて、不労所得タイプの副業なんですね。

iPadできる副業の中でおすすめする不労所得タイプの私の実績を公開

私の一番のおすすめは、Kindle出版です。

Kindle出版のおかげで、副業ライフが一気に変わったんですよ!

Kindle出版の実績がこちら

私は現役の会社員ですから、

毎月、週末と帰宅後の隙間時間を使って

お金のなる木を1本1本増やしていった結果です。

見事に毎月右肩上がりで、収益が増えているのが分かります。

月収26万円とか、金額が気になる方も多いと思うんだけど

金額だけじゃなくて、この増え方に注目してほしいのです。

お金になる木が増えている証だからです。

現在、私の出版数は70冊を超えました。

昨年の11月から、約1年間で毎月平均5冊を出版してきました。

その本たちが、このブログを書いている今も、お金を生み続けてくれるようになった。

私は、この不労所得タイプの副業こそ、みんなにおすすめしたいんです。

iPadできる副業の中でおすすめする不労所得タイプのメリットとデメリット

不労所得タイプの副業にもメリットとデメリットがある。

簡単にまとめるとこれに尽きます。

メリット:

仕事をしている間も育てた木がお金を生み続ける

デメリット:

→木の育て方を間違うとお金が生まれない

メリット:仕事をしている間も育てた木がお金を生み続ける

最近の私の副業サイクルは、週末に本を書くのがメイン。

書いたらすぐに出版します。

そして、週明けから仕事です。

でもこの1冊の本が、月曜日以降、毎日お金を生んでくれます。

また、週末になると本を書きます。

そして出版します。

週明けからまた仕事です。

でもまた新たな本が、月曜日以降、毎日お金を生んでくれます。

しかも、先週書いた本も毎日お金を生んでくれます。

この繰り返しです。

そりゃこうなるはずです

私は、仕事している間は一切iPadに触れません。

自宅に置いているからです。

でも、仕事をしている間に出版した本たちがお金を生んでくれるんです。

これが最大のメリット!!!

メリット:木の育て方を間違うとお金が生まれない

気になる内容ですよね。

不労所得タイプの副業のデメリットは、

木の育て方を間違うと、お金が生まれないところなんです。

なぜそう言いきれるのかというと、

Kindle出版で一度挫折を経験したからなんですよね。。。

育て方を間違うと、本当にお金を生んでくれないんです。

現在好調のKindle出版も、過去にこの失敗を経験したからこそお伝えできること。

これが私の過去のKindle出版の実績です。

 2019年6月 0円 

 2019年7月 12円 

 2019年8月 17円 

 2019年9月 105円 

 2019年10月 5円 

 2019年11月 0円…

挫折をした時期は、悲しいくらい稼げていません。

この違いから言えることは、

これに尽きます。

じゃあどんな違いがあるのか?

それがWeb型副業術です。

Web型副業術については、下記の記事でくわしく解説しています。

以上 れおるーくでした。

※Kindle Unlimitedの読み放題サービスで無料で読めますよ。

すぐKindle Unlimitedを体験する

初回30日間無料。以降、月額980円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA