【Kindle出版】Pagesで目次を作成する方法

こんにちは、れおるーく(@leoruuku)です。

このブログでは、Kindle出版に関するいろんな情報についてまとめています。

Kindle出版の目次を作成する方法をしりたいです。

今回は、iPadで電子書籍を執筆するときに必要な、目次の作り方を解説します。

とっても簡単です。

※2021/8/16追記

8ヶ月目で、目標の月1万円を達成しました!

詳しくは、この記事の最後で追加報告しております。

Kindle出版する本に目次を作成する方法

目次に表示させる見出しを設定する

今回は画像のプロローグと第1章を見出し設定に変更します。

見出しにする文字を範囲指定します。

矢印のマークをタップし、段落スタイルを見出しにします。

フォントはヒラギノ明朝ProNがおすすめ。

目次を作成したい場所にカーソルをタップで移動します
❶❷の手順でタップします
目次が青枠で表示されたまま、矢印のボタンをタップします

スタイルをカスタマイズをタップします
目次で自動表示されるのを見出しに設定します
ページ位置がわかる目次が完成します

Pagesの目次設定でできること

Pagesの目次設定では、次のことができます。

見出しも見出し、見出し2と階層を設けることも可能です。

ブログのようにできます。

また、見出しの階層を増やしたい場合は、以下の手順で追加できます。

段落スタイルで編集をタップ
左上のプラスマークをタップ
見出し1が追加できたら、矢印のテキストをタップします。
テキストの編集画面でサイズや色、フォントなどを編集できます。

Kindle出版する際に目次が重要な理由

Kindle出版するときに、目次を作成しておくことをおすすめします。

なぜなら、読者がここである程度判断してしまうからです。

最初は、購入されるよりも、Kindle Unlimitedの読み放題で読まれることの方が多いです。

この場合、いかにページ数を多く読んでもらえるかが重要になります。

無名の本を読もうと思ってくれただけでもありがたいですが、すぐに本を閉じてしまうとロイヤリティが稼げません。

ここで目次である見出しを、いかに魅力的に表現するかがポイントになってくるのです。

目次のメリットは、最初の章で「つまらなさそう」と判断されても、「次の章は興味深いな」と思ってもらえるチャンスができる。

ですので、目次作成に注力して執筆することをおすすめします。

iPadだけでKindle電子出版をする方法の本を出版しました。

ぜひ参考にしてください。※巻末に読者への特典もついています。

★文章力をUPしたい人は、この本がおすすめ★

Kindleで電子書籍を出版すると稼げるとはいえ、読んでもらえる文章を書くのは大変ですよね。そこで文章力UPの専門書を読んで、今までの自分にない文章力を身につける方法を学ぶのが一番オススメです。私が参考にした文章力UPの本はこちら。(全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

億を稼ぐブロガーのマナブさんが、写経したほどの方法が実例で書かれているので、ブログだけに限らず電子書籍向けにもガチで実用的です。読んで損はないですよ。

以上、れおるーくでした。

※2021/8/16追記

8ヶ月目で、目標の月1万円を達成しました!

それまでの収益の推移はこちらです。

月1万円稼ぐまでにやってきたことを、下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

【Kindle出版副業は稼げる?】会社員が月1万円稼ぐまでにやったことを全て公開します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA