40代の転職は無謀なのか?ビズリーチに登録してみた

れおるーく
れおるーく

40代の会社員れおるーくです。

  • iPadブロガー歴は3年
  • Twitterフォロワー数4,000人
  • Kindle出版数は39冊です

私は、給料が激減しました。

度重なる上司のパワハラに嫌気がさして、反抗したことで窓際の仕事に降格したんです。

長年ガマンしてきましたが、初めて反抗しました。

ただ、その代償はあまりにも大きかった。

そこで、私は40代という年代でありながらも、転職を本気で考えるようになったのです。

でも、今の給料よりも下がるリスクは避けたい。

家族もいるし、家のローンもあるからです。

『やっぱり40代の転職は無謀なんだろうか?』

その金銭的環境もあって、この度思い切ってビズリーチに登録してみることにしました。

40代の転職で収入UPはできないの?ビズリーチに登録してみた

私は、普段CMで目にしていたビズリーチに登録してみることにしたんです。

これといった調査もしていませんでした。

40代の転職であっても、ビズリーチなら収入UPできる可能性があるんじゃないかと思ったのです。

会員登録するだけなら無料でした。

早速、ビズリーチの公式ホームページから会員登録をしてみました。

入力内容は、履歴書や希望する収入や職種や勤務地など。

必要事項を入力して、求人内容を確認してみました。

検索すると、その件数の多さにまず驚きました。

現状以上の年収が狙える仕事がずらりと出てきたからです。

そして、閲覧すればするほど、主に管理職経験者に有利なサービス内容だと感じました。

ビズリーチの有料サービスを期間限定で体験してみた感想

1ヶ月間有料のサービスが無料でお試しできたので、実際に体験してみました。

その中で、スカウトが2種類あることがわかりました。

  1. 企業からの直接スカウト
  2. ヘッドハンターからのスカウト

企業からのスカウト

サービス期間中、2社も役員の方からスカウトの連絡がありました。

1社はある製造メーカーの専務からでした。

私は、工場管理経験がありましたので、その経歴に興味を持っていただけたようです。

ぜひ、一度面談をという熱烈なご連絡が2度ありました。

私が希望する職種ではなかったため、お断りすることにしました。

ヘッドハンターからのスカウト

ヘッドハンターのスカウトは、企業スカウトと比べて非常に多いですね。

それぞれのスカウトの方の内容を拝見すると、得意分野などがあるようです。

職務経歴書は、よりくわしく入力しておくと、最適なヘッドハンターの方との出会いにつながると実感。

ヘッドハンターは、成功報酬で対応されているために、相談することでこちらの希望にある条件と職種に見合う企業を代わりに探していただける。

成功報酬ということは、転職が成功しないとヘッドハンターの方は収入が得られないということだと思うので、条件の良い企業への転職の確率は高まるということ。

お互いウィンウィンの関係で転職活動ができる。

こんな便利なサービスがあるなんて。

『こんなチャンスがあったなんて、もっと早く知りたかった。』

ヘッドハンターは、こちらから選ぶこともできるようでした。

ヘッドハンターの検索機能があり、全国1700名以上の登録内容が閲覧できるんです。

お名前は、有料会員のプレミアムステージで見ることができるのですが、どういった部分に強みを持たれているかは無料会員でも確認できるようになっていました。

『ステップアップする転職を手伝ってくれるスカウトが、現実に存在するんだ。』

これが私の正直な感想でした。

40代からの転職でもビズリーチなら収入UPも狙える

普通、40代で転職となると、年齢的に厳しいです。

ハローワークや求人広告から転職活動すると間違いなく、条件が現状よりも下がるリスクが高い。

だから、今の会社にしがみつかなきゃならないんです。

家のローンや、子供の学費なんかも必要な時期だからなおさら。

でも、このビズリーチというサービスを体験して思った。

『ビズリーチを上手に活用できれば、収入UPできる転職が実現できる』

人っていかに思い込みの世界の中で生きているのかってことを思い知らされました。

最初から40代の転職は、無謀なこと。

収入が減るリスクが高い。

とあきらめていたからです。

結論:40代の転職は感情に任せて辞めると損をする

この体験から、40代の転職で一番やっちゃいけないのが、感情に任せて勢いで辞めると損だってことです。

勢いで辞めると、次の仕事をあわてて探すことになります。

結局、ハローワークだったり、求人広告を探して、収入を下げつつ転職するハメになるんです。

もっと、戦略的に転職を計画すれば、収入UPさえも実現できる可能性があるのに。

感情に任せてやめると、そのチャンスを自ら閉ざすんです。

30代の自分に言いたい!ビズリーチに登録するとわかる管理職経験の大切さ

この無料体験によって、ビズリーチ内の求人をみて思ったのが、管理職経験の重要度です。

管理職経験があればあるほど、求人数は多くなるからです。

求人の中には、条件が記載されているのですが、管理経験者をmustとされている企業が非常に多かったのです。

だからこそ、収入UPの転職が実現する。

この事実を知ることで、私は30代の自分に言いたくなりました。

管理職を嫌がらずに経験しろってね。

誰もが、管理職をしたがらないものです。

責任が増え、めんどくさい問題が押し寄せてくるわけですから。

でも、どんな企業であっても、その管理職を経験している人材を欲している。

そこには需要があるんです。

特に人手不足化が加速し、団塊の世代が次々と定年を迎えてきた近年。

より管理職経験者という人材は、即戦力の優秀な人材を増やしたい成長企業ほど必要。

そう思うと、年齢が若かろうが積極的に管理職を経験する方が、今後の転職に有利だということになるんです。

今回、ビズリーチを体験して、私は今後どうすべきか、新しい選択肢を加えてますます人生の見直しが必要だと思った。

あなたもビズリーチの無料体験で、その新しい選択肢を自分の人生設計に加えてみてはいかがでしょうか。

【会社を辞めたい40代】残酷すぎる現実【作戦を練るべき】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA