【20代の転職】大手はやめた方がいい【3つのデメリット】

れおるーく
れおるーく

iPadブロガーのれおるーくです

iPadで夢を叶えるleoruuku blogを運営しています

  • 転職歴は1回です
  • 工場長歴10年
  • 面接した人数は約600名

転職で大手に行きたいって本当に思っているなら、やめた方がいいです。

大手のどこがいいの?

有名だから?

福利厚生が整っているから?

安定だから?

その浅はかなイメージだけならやめた方がいい。

今回の記事は、20代が転職するなら大手はやめた方がいい理由を解説します。

もう大手企業の価値は薄れてきているので、その考えは捨てましょう。

20代の転職で大手はやめた方がいい3つのデメリット

大手なら安心できるから、という公務員的な安心感を求めていませんか?

逆に大手はあなたの人生を狂わすリスクが高いです。

私がやめた方がいいと断言する理由としてデメリットが3つあって

❶大きな組織の中でビジネス対応力がゆるく育ってしまう
❷得られるスキルが少なすぎる
❸大きな看板を外した時のあなたの価値観がゴミになる

ボロクソですね。

私は大手が嫌いだからですね(^^)

それぞれ解説します。

❶大きな組織の中でビジネス対応力がゆるく育ってしまう

どういうこと?と思いますよね?

私は、中小企業で働いていて、大手の企業の方と仕事をやりとりしているのですが、とにかく対応力がゆるいしおそく感じます。

「何を目的で仕事してんの?」

って思うことがたくさんある。

大きな組織の中で働くと、責任回避の逃げ方ばかり上手くなる人が育ちやすくなるんですよね。

それって、仕事をする上で、時間ばかり奪われるから正直うざいんです。

しかも勘違いする担当者もいて、仕入先に対して偉そうに言って来る人も多い多い。。。

それを見て育った部下も、当たり前のような態度で同じように言ってきたりしますからね。

私は、顧客であろうが人としてそれが正しいかどうかで判断するので、あからさまに言ったり、言い返したりします。

そんな考え方の人と仕事なんてしたくないのが本音ですから。

じゃあ、供給しませんと言ったらどうすんの?

自分で責任取れるんですか?

って思います。

そんなことが起こり得るわけないと思っているんでしょうけど、こういう人は淘汰されるべきですね。

ちゃんとした仕事が出来なく育ってしまうとこうなります。

大きな会社の大きな組織の中にいると、こんなつまらない人間になっちゃうデメリットがあるんです。

❷得られるスキルが少なすぎる


大きな会社ほど、役割分担が細かいというか責任と権限が細かすぎるし、ここからは私の管轄じゃないときっぱり線引きする人が多いです。

やたらと会議をしたがるし、

「そんな大勢で集まらないと決められへんの?」

っていうのが本音。

電話やメールで意思疎通して決めて進めたらいい内容でも、大事のように会議で決める。

なんて無駄が多いんだろうって、私はバカみたいに見えてしかたありませんでした。

そんな縦割りx横割り細切れ組織で仕事するわけですから、得られるスキルも浅いし少ないし、正直呆れます。

仕事って個人事業主や中小企業の経営者のスキルが理想的で、いろんなことを把握してすべての繋がりを理解しているからこそ、最短で無駄のない最適な解を出しながら進めることが出来る。

会社に入って、

「経営者のつもりになって考えろ!」

とか言われたことないですか?

「いや。。。俺って経営者じゃないしわかんないよ。」

なんて思ったことないですかね?

私はありますけど、その感覚がなかなかわからない。

大手の組織内にどっぷり浸かっていると、絶対にわからない感覚です。

それだけ得られるスキルが少なすぎるんです。

❸大きな看板を外した時のあなたの価値観がゴミになる


結論を言っちゃうと、大手に勤めるとあなたの価値観がゴミになります。

「今日もトラブルが起こらないように1日過ごしたい」

という目的で仕事をするようになり、めんどくさそうなことから逃げるようになります。

それを取引先に押し付けるようなこともする人もいるくらいですから。

相当病んでますよ。

そんな腐った仕事人になるリスクが高いよってことです。

スキルもないから、大手の有名な看板だから出来ていたことも、いざ転職すると全然うまくいかないとか起こるんですよ。

素敵な勘違いですよまったく。。。

そんな勘違いを植え付けるために行くようなもんです。

しかも、今起こっていること知ってます?

40代で大型リストラバッキバキにしてますよね。

スキルも浅いビジネス対応力も低い、ゴミの状態の40代が転職ってどうなりますかね?

もちろん全ての人がというわけではないですが、リストラ対象になる人は、落ちこぼれているわけですからね。

定年まで凌ごうとという仕事しかしなくなっているから対象になる。

それ目指すんですか?

ということで、デメリット3つを解説しました。

20代で転職するときの判断材料は2つ

最後に、この2つだけアドバイスさせてください。

20代で転職するなら、どんなスキルUPができるか?を一番重要視した方がいいです。

人生まだまだ先が長い中で、社会もどんどん変化していくはずです。

どんな変化が起ころうとも、個人の力をいかに積み上げていくかが重要。

最終的には個人でも稼げるスキルがベストだと私は思います。

もう一つは副業OKの企業を選ぶことです。

副業は、個人のスキルUPの一つの方法です。

会社と副業でスキルUPをする。

20代だからこそ出来ることがいっぱいあるので、本業と副業であなたという個人の力をどしどし磨いていってくださいね。

副業の中では、ブログが一番おすすめします。

ブログを通じて得られるメリットは、仕事にもいい影響が出るからです。

簡単に言うと

  • 文章力がUPする
  • 文章力UPが会話力UPにもなる
  • マーケティングスキルがUPする

このメリットは、いずれフリーランスとして個人で稼ぐフィールドになった時に最大限役立つスキルです。

ぜひ、今からブログを始めてみてください。

しかもお金も稼げるとなると、スキルUPとお金を稼ぐことで一石二鳥ですよ。

【簡単すぎる】WordPressをiPadだけで開設【パソコンでブログはもう古い】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA