新しいKindle本「40代から副業しても遅くない!」が出版されました!

NFTを無料で始める出品のやり方をやってみた【スマホでできてリスクなしでした】

こんにちは、れおるーく(@leoruuku)です。

このブログでは、NFTにチャレンジした私の体験情報を発信しています。

NFTってなんですか?

この度、私もNFTをチャレンジすることにしました。

この記事はこんな方におすすめ

✔︎NFTのことを知りたい

✔︎NFTの出品する始めかたを知りたい

✔︎実際に始めた人の体験情報を参考にしたい

れおるーく
れおるーく

私もNFTにチャレンジしてみることにしたんです。

NFTって何?かんたんに解説

私がNFTの存在を知ったのは、イケハヤさんのTwitterでした。

それから、ググってみると小学生が、どドットで絵を描いた作品が380万円に!??

これに衝撃を受けて、なにそれ!ってなった。

こちらの記事です。

小学生が書いたドット絵がそんな値段で売れちゃうの?

どんな世界になってきたんだ?

ところで、NFTってなんなの??!

NFTとは、ブロックチェーンの技術によって本物だと証明できるデジタルアートのことです。

例え小学生が書いた絵でも、複製されても偽物がわかるようになるってこと。

だからこそ、希少価値が生まれ、高値で売買されるアートになる。

そんな個人の絵が売れちゃう夢物語が、NFTにはあるのか!

こりゃいっちょ試してみよう!

ということで、チャレンジすることにしたんですね。

NFTの始め方 無料で出品できる方法は1つだけ

まず結論を言いますと

完全無料でNFTの出品を始める方法は一つだけでした。

必要なのは、次の3つです。

  1. MetaMask(メタマスク)の導入
  2. Open Sea(オープンシー)の導入
  3. NFTアートの作成

私は、無事完全無料で出品することができました。

それでは、そのやり方を順番に説明していきます。

NFTの始め方 その1 MetaMask(メタマスク)の導入

まず、MetaMask(メタマスク)というアプリを導入します。

このアイコンです。

このアプリ自体は無料です。

ダウンロードしたら下記の手順で設定していきます。

開始画面の下段にある開始ボタンをタップします。
ウォレットのセットアップ画面で「新しいウォレットの作成」をタップします。

パスワードを入力し、復元できないことを理解にチェックを入れ、パスワードの作成ボタンをタップします。
ウォレットの保護画面で開始ボタンをタップします。
ウォレットの保護をします。(開始ボタンをタップ)
シークレットリカバリーフレーズを表示し記録してから続行をタップします。

パスワード入力画面になるので、パスワードを入力します。
順番通りに入力すると保管は完了です。
利用規約を確認し、承認をタップすると完了となります。

NFTの始め方 その2 Open Sea(オープンシー)の導入

今回は、スマホでもできる設定方法です。

Meta MaskアプリからOpen Seaのページを開くやり方なのですごくカンタン。 

やることは3つだけ。

  1. OpenSeaにアクセス
  2. Meta Maskと連携
  3. プロフィールの入力

Open Seaにアクセスする

左上のメニューをタップ
ブラウザをタップ
https://opensea.io/を入力して検索
下記のURLをタップしてアクセス
右上のメニューをタップ

Meta Maskと連携[Open Seaにログイン]

Meta Maskアプリの左上のメニューから[ブラウザ]をタップ 
OpenSeaの右上にあるメニューをタップ
[Connect Wallet]をタップ
Meta Mask

これでOpen Seaへのログインが完了

最後にプロフィールの入力です。

プロフィールの入力

最初はカンタンな内容で入力してみましょう。

後でじっくりと編集してもOKです。

右上のメニューをタップ
Accountをタップ
鍵マークをタップ

それぞれの項目を入力します。
Profileの内容はこちら
  • Username*:名前
  • Bio:経歴
  • Email Address*:メールアドレス
  • Links:Twitter、Instagram、Webサイト
  • Wallet Adress:MetaMaskとの連携で自動入力します
  • Profile Image:アイコン
  • Profile Banner:プロフィール上部の背景画像
入力したら[Save]をタップ
Open Seaからメールが届いたら[VERIFY MY EMAIL]をタップ
これで登録完了です。

NFTの始め方 その3 ドットアートの作り方

次は出品する作品をつくります。

NFTは、ドットアートにこだわる必要はありません。

自分で書いた絵でもいいですし、写真でもOK。

オリジナルのデジタル作品であればなんでもOKなんですよ。

Twitte CEOのジャック・ドーシー氏の初ツイートのNFTが3億円!!!

こんなふうに、いろんなコンテンツを出品することができるのも魅力。

でも、ドットアートなら自分でも描けそうですよね。

やってみると意外とカンタン。

無料アプリでサクッと描けちゃうので、チャレンジしてみましょう。

私は、Pixelableを利用しています。

Pixelableでドット絵を描くやり方

無料アプリなので気軽に描いてみましょう。

まず、Pixelableをダウンロードします。

新規作成をタップします
ピクセル数を決めてOKをタップします

私は、深い理由はないんですが、40×40で描いてます。

ペンを選択し、色を選択して描いてみましょう
自分の好きな絵を描きましょう
背景に色をつける場合は、バケツを選択して背景をタップします
書き終えたら右上の[書き出し]をタップします
絵のタイトルを入力して[OK]をタップします
[カメラロールに保存]をタップします
作品の完成です

NFTの始め方 その4 Open Seaで作品を出品するやり方

Open SeaでNFTを出品する手順は、次の3ステップです。

  1. OpenSeaでコレクションを作成
  2. アイテムを登録[Mint/ミント]
  3. アイテムを出品[List/リスト]

Open Seaでコレクションを作成する

右上のメニューをタップします
[Account]をタップします
[My Collections]をタップします
[Create a collection]をタップします
[Logo image]を設定します→矢印のところをタップします

準備していたイメージ画像をタップして選択します。

Logo imageの推奨サイズ

350×350が推奨です

[Featured image]を設定します→矢印のところをタップします
Featured imageの推奨サイズ

600×400が推奨です

[Banner image]を設定します→矢印のところをタップします
Banner imageの推奨サイズ

1400×400が推奨です

[Name]を入力します

Nameには、コレクション名を入力します。

[URL]を設定します

OpenSeaの中でのURL末尾を指定します

(私の例 https://opensea.io/collection/ leoruuku-collection

[Description]を入力します
Descriptionとは?

コレクションの説明をします。

[Category]を選択します
Categoryはどれを選べばいいの?

ドット絵などの作品ならArtでOKです。

[Links]WebサイトやインスタのURLを入力する
[Percentage fee]を設定する
Percentage feeってなに?

転売されたときのロイヤリティ率です。

私は10%にしました。

[Your payout wallet address]を入力する
wallet addressってどれのこと?
メニュー→MyWallet→アドレスをコピーして貼り付けるとOK
[Blockchain]を選択する【無料で始めるならここが重要!】
Blockchainは2種類から選択

Ethereumを選択すると、初めて出品するときにガス代という費用が必要。

Polygonを選択すれば、無料で出品できます。

[Payment tokens]を選択
[Display theme]を選択します
[Create]をタップして完了です

アイテムを登録[Mint]するやり方

コレクションを作成できたら、次はいよいよアイテムの登録です。

先ほど作成したドット作品を登録していきます。

[Add item]をタップします
矢印のところをタップして作品を選択します
作品の名前を入力します
[External link]を設定します
[Description]を入力します
[Collection]を選択します
[Properties]を設定します

TypeとNameを入力します。

Propertiesについて

最初はそのままでもOKです。

コンセプトが決まっていれば入力しましょう。

[Levels]を設定します
Levelsについて

最初はそのままでもOKです。

コンセプトが決まっていれば入力しましょう。

[Stats]を設定します
Statsについて

最初はそのままでもOKです。

コンセプトが決まっていれば入力しましょう。

[Supply]を設定します
Supplyについて

基本1のままでOKです。

数量を増やすとそれだけ希少性が低くなります。

[Blockchain]を選択する
Blockchainについて

無料で出品したいならPolygonを選択しておきましょう。

[Create]をタップして完了です

アイテムを出品[List]するやり方

いよいよ販売になります。

ワクワクしますよね。

[Sell]をタップします
[Price]を設定します

Polygonでの価格設定について

Polygonの場合、5ドル以上でないと販売できないようになっています。

[Duration]を設定する(販売期間)
Durationについて

1日〜最長6ヶ月間の間で設定できます。

[Complete listing]をタップして出品完了です

これであなたもNFTクリエイターです!

どんどん出品していきましょう!

NFTを無料で出品する始め方 まとめ

すべてスマホでできるので便利ですね。

NFTをOpen Seaで完全無料で始めるなら

Collectionを作成するとき、アイテムを登録するときに[Polygon]を選択すること

これが重要です。

間違って[Ethereum]を選択しないように要注意ですね。

ドット絵を学びたい方はこの本がおすすめ

とてもわかりやすくて実用的なのでおすすめの1冊です。

初めてドット絵を描くとなると、どうしても不安になりますよね?

描き方のコツを知るだけでもその不安がやわらぐのと、

より描きたい絵を描けるようになる。

そうなるとより楽しみが大きくなります。

ドット絵教室 Kindle版

この1冊で十分な表現力が身につくのでおすすめですよ。

以上、れおるーくでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA